×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大仏寺・洋人街


【長寿湖の歩き方】


重慶市から高速道路で約1.5時間、長寿区の更に郊外にありますので、基本的には車をチャーターするか、地元ツアーに参加するしか移動手段はありません。

長寿湖の中に入ると、観光用電動カーに乗って移動することが出来ます。
但しこの電動カーは都度料金が必要なのと、休日で混んでいる場合は満席で途中乗車出来ず、空席がある車が来るのを待つしかない場合もあります。


【長寿湖】

長寿湖は、第一次5カ年計画において水力発電を目的に1954年に作られたダムによって出来た人工淡水湖であり、湖水面積65.5ku(杭州西湖の約10倍)、野生動物自然保護区に指定されており、42種類の鳥類、28種類の水棲生物が棲息しています。
最深部は水深50m、平均水深は15mです。

この湖の特徴は、何といっても湖に浮かぶ203の小島であり、寧ろ遠くから見た方が、美しい風景のように思えます。

釣りをしている人を多数見かけましたが、残念乍ら殆ど釣れていませんでした。
左上写真は投げ竿なのですが、リールの所で90度に折れ曲がっているという、日本では見たことのない珍しいタイプでした。
この竿でどう釣り上げるのかとても気になったのですが、残念乍ら見ることは出来ませんでした。



(2013年4月)